ペットと泊まれる宿

ペットと一緒に笑顔で宿泊する為に…。

ペットと一緒に笑顔で宿泊する為に…。

ペット旅行のベテランさんも初心者さんももう一度おさらい。

宿泊のマナーを勉強して楽しい旅にしましょう!

前日までの準備

  • ペットの基本的なマナーをマスターするにはどうしたらいいですか?
    "まて"や”すわれ”などの基本的なしつけを確実にマスターさせましょう。公共の場でコントロールできないと、多くの人に迷惑をかけることに!身につかないうちは、旅行を先延ばししたほうがいいかも。発情期に入った女のコも、たくさんのわんこが集まる場所に連れ出すはNGなので注意。
  • ペットのグルーミングは前日までに?
    宿のお部屋や車内を汚さないためにも、出発前は念入りにブラッシングしておきましょう。シャンプーは意外と体力を消耗するので、どうしても洗いたい場合は3~4日前までにすませておくといいでしょう。
  • 旅行先の動物病院を確認すべき?
    病気やケガのときのために、滞在中にかけこめる動物病院を確保しておくと安心。このとき、診察日を忘れずにチェックして!宿のほうで紹介してくれることもあるので、予約の際確認しましょう。簡単なトラブルなら自分で処置できるように、かかりつけの病院の連絡先を控えておくといいかも。

宿マナー

  • 客室のバスは立ち入り禁止ですか?
    人間が使うバスルームを、知らないワンコが使ったとしたら、たとえ犬好きでもいい気持ちはしません。ちょっと汚れを落とすだけでも、バスタブを使うのは完全なマナー違反です。バスタブを囲いがわりに、ペットを置き去りにする人がいますが、これはまさに論外!
  • 客室を出るときペットリードは必要?
    施設内共有スペースでは、必ずリードを付けるのが鉄則。普段はおとなしいコでも、慣れない場所で知らない犬を見て興奮し、トラブルを起こしてしまうことも!特にチェックイン、チェックアウト時は注意が必要です。
  • 客室に置き去りにしたらペットは不安?
    家でお留守番するのとは違って、慣れない客室に一人ぼっちにされると、わんこは不安でいっぱい!いつもはしないのに、トイレ以外の場所でオシッコをしてしまったり、イタズラ好きなコはじゅうたんやソファをボロボロにしてしまうことも。どうしても連れて行けない場合は、交代で外出するなどの配慮を!